江藤真規 – 新しい時代に必要なマインドアップと家庭のあり方

「江藤真規 – 新しい時代に必要なマインドアップと家庭のあり方」のアイキャッチ画像

子育て中の働く親は「withコロナ」をどう生きる?

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、私たちの暮らしや働き方は大きく変化した。とりわけ負担を強いられたのが、子どもを持つ親たちだ。学校や保育園が休校・休園となり、「在宅育児」と「在宅勤務」を同時並行で行わなければならない大変さを味わった方も多いだろう。新型コロナウイルスの第二波への警戒が求められるなか、子育て中の働く親は、どのように「withコロナ」「afterコロナ」に対応していけばいいのか。また企業側が留意すべきこととは――。子育ての質向上・母親の社会進出支援を目的とした学びの場「マザーカレッジ」の主宰者であり、2019年には文部科学省「男女共同参画推進のための学び・キャリア形成支援事業」の有識者会議の委員を務めた、東京大学大学院教育学博士の江藤真規さんに話を聞いた。

母親たちから届いた、不安の声

ノビテクマガジン編集部ノビテクマガジン編集部
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの自治体で学校や保育園が休校・休園となり、在宅で子どもの面倒を見ながら働かなければならない悲痛な声が、あちらこちらで聞かれました。江藤さんのもとにも、たくさんの親御さんからの声が集まったそうですね。
「これは大変なことになったぞ……」と思いました。親は会社で働き、子どもは学校や保育園で過ごすという日常が、劇的に変わってしまったわけですから。きっと各家庭で大変なことが起きているだろうと。集まった声を聞くだけじゃなく、こちらから積極的に声を拾いたいと、私が主宰する「マザーカレッジ」を中心にWebでのアンケート調査を行いました。
江藤真規江藤真規
ノビテクマガジン編集部ノビテクマガジン編集部
アンケート調査からは、どのようなことがわかったのでしょうか。
調査では、母親たちの2つの不安が見えてきました。「未知のウイルスに対する不安」と「先が見えないことに対する不安」です。

前者は、子どもの命をどう守っていけばいいのかという危機感。後者は、「在宅勤務と在宅育児をどう両立すればいいのか」「オンライン教育で本当に大丈夫なのか」という不安や懸念です。

江藤真規江藤真規
ノビテクマガジン編集部ノビテクマガジン編集部
「この状況が、いつまで続くのだろう……」と思いながら、無理やり、在宅勤務と在宅育児を継続していた人が多い印象です。
そうですね。そもそも未就園児や小学校低学年の子どもは、集中力が続きません。

遊ぶにしても、勉強をするにしても、親のかかわりが必要です。たとえ、学校や学習塾がオンラインで授業を配信してくれたとしても、結局、親が付き添わなくてはならない。デジタル機器も親が設定しなければいけませんしね。ここに親の苦労がありました。

江藤真規江藤真規
ノビテクマガジン編集部ノビテクマガジン編集部
オンライン教育への不安というのは、どのようなものでしょう?
これは皮肉な話でも、あるのですが……。これまでどんな授業が行われ、先生がどのような指導をしていたか、親はほとんど知らなかったわけです。ただ、このコロナ禍で授業の様子が丸見えになってしまった。

「この授業で大丈夫なの?」「わが家には合っていないのでは?」と不安になってしまった親御さんもいたようです。加えて、親自身も生徒としてオンライン授業を受けた経験がほぼなく、その価値が見えにくい側面もあったかと思います。お互いに慣れるまで、ある程度、時間が必要ともいえます。

江藤真規江藤真規

暮らしと仕事と学びが家庭に集中したステイホーム

ノビテクマガジン編集部ノビテクマガジン編集部
新型コロナウイルスの第二波への警戒も求められるなか、子育て中の働く親は、どのように「withコロナ」「afterコロナ」に対応していけばいいのでしょう。
家庭のあり方、家庭という場の捉え方が、大きく変わりましたよね。家族の構成人数やお住まいの地域によっても違いはあると思いますが、たとえば都心の核家族であれば、これまで家庭という場所はすごく「閉ざされた空間」でした。家庭は外の世界を忘れられる場所。ごはんを食べて、お風呂にはいって、寝て、また明日外に出ていくための準備をする場所だったわけです。家庭の中と外で、はっきりとした境界線が引かれていました。

しかし、このコロナで、あらゆることが家庭に持ちこまれた。家庭で仕事をし、勉強をし、生活もする。外の世界との境界があいまいになった今、あらためて「家庭の哲学」や「ルール」を再構築する必要があります。

これまで、なんとなくお母さんが料理をして、お父さんがゴミだしをして…と繰り返してきた日常のあたりまえを見直さなければなりません。そのためには、「私たちはどんな家庭を築きたいのだろう?」「子育てで大切にしたいことは何だろう?」といった、家庭内の哲学のようなものを考えることが大切だと思うのです。

江藤真規江藤真規
ノビテクマガジン編集部ノビテクマガジン編集部
家庭ごとに大切にしたいことを再定義し、新しい役割分担やルールづくりをしていくわけですね。一方で、夫は一日中、在宅でオンライン会議に出席していて、日中の子育ては妻に任せきり。妻は深夜に仕事をするのが新しい日常になっているという話も報道などで目にします。
仕事と生活を、これまでのように切りわけて考えていくと、家庭はまわりません。ポストコロナのニューノーマルをつくっていこうとよく言われますが、暮らしのなかの仕事もその一例だと思います。

「仕事と暮らし」をわけて考えるのではなく、「暮らしの一部としての仕事」、「暮らしを起点にした仕事や学び」を考えることが大切です。もしかしたら、仕事と生活が分断されていた、従来の日常のほうが異常だったのかもしれません。異常性のある枠組みのなかで、女性は「社会で働こう」「子どもを産み育てよう」と言われてきたわけですから、やはりみなさん無理をしていましたよね。

江藤真規江藤真規
ノビテクマガジン編集部ノビテクマガジン編集部
暮らしを起点に仕事をするうえで、大切になることは何でしょう。
暮らしを起点に仕事をするとなると、家族間の相互理解や連帯感が欠かせません。見えない未来をつくっていくうえで大切なのは「マインドアップ」の考え方。一人ひとりの心の状態がポジティブであること。「これからどう生きたいか」、未来志向型で考えられることが、とても重要になってきます。

マインドアップに有効なのは、誰かと繋がる、ということです。家族ととにかく話す。「私はこう思う」「あなたはどう思う?」と対話を重ねる。そうやって連帯感を醸成しながら、相互理解に基づいた役割分担や家族のルールをつくっていってほしいと思います。

そしてもう一つ、大切なのは、「家庭の‟外”」と繋がること。コロナの感染が拡大していた時期に、アンケート調査で「子育ての困りごとを誰に相談していますか?」とお母さん方に聞いたところ「学校や学習塾の先生」と回答したのはたったの10%でした。これは従来どおりの傾向ではありますが、「家庭のなかにある問題を家庭のなかだけで解決しよう」という風潮は強いです。

ただ、職場や学校をはじめ、あらゆる物事が家庭に集中している今、家庭のなかだけでは問題を解決するのは困難。家庭が、職場や学校、地域社会ともっと積極的に繋がることが問題や不安を解消するきっかけになるのではないでしょうか。

江藤真規江藤真規
1 2